チャットレディが合わなくてメールレディに転向しました

最初はチャットレディ

何か割の良い仕事で、しかも自宅で気軽に出来るものはないかなと探していた時にまず見つけたのが、チャットレディ。
チャットレディを始めて思ったのは、やっぱり容姿が良くないと、思ったように稼げないということだったようです。
チャットレディの場合、リアルタイムに今現在の自分の動画が相手に見えるわけですから、容姿をごまかすことが難しいみたいですね。
彼女は顔の作りは良い方ではない、スタイルだって良くないと思っていいたらしく、ただノーマルなライブチャットを行なっているだけでは、男性会員さんには何の魅力もないタイプだと言っています。
実際にアプローチされる男性からは、バストを見せて欲しいだとか、アソコを見せて欲しいといった要求が多かったみたいですし、一人エッチをしてくれといった要求ばかりをされたらしいですね。
それを断ると、お前みたいな奴がアダルトチャットも拒否しているなら、誰も来ないといったような罵声を浴びせられ、大きなショックを受けたと言っていました。
だからといって、そういった行為をしようという気が起きず、報酬ではどうしても見劣りするものの、メールレディへの転身を決めたのがメールレディになったきっかけだったみたいです。

メールレディの方が稼げる

メールレディの良さは、自分の姿を見せなくても良いということと友人は言っています。
写メを載せるとメールの返信率は上がるらしいですが、別に文章力があれば、問題なく報酬を稼ぐ事は出来るみたいです。
他にもある意味で自分の写真でなくても登録をすることが出来るみたいですね。
自分の写真でも自信が無い部分は手や落書きとかで隠してしまえばいいみたいですし、外見のウィークポイントは随分と隠すことが出来ると言っています。
実際に自分の恥ずかしい姿を相手に見せることもなく、実際に一人エッチをしなくてもいいので、メールHならぜんぜん抵抗がなく出来る。
それでも相手の男がも喜んでくれているようなので、メールの方が彼女には合っていると言っていましたね。
チャットの場合では、キャプチャがあるから、一人エッチなどをした場合にその様子がネットに公開されてしまう怖さがあるけど、メールレディの場合にはそういったことが一切ないことも、安心して働けるみたいです。
チャットレディでは、なかなか稼げなかった彼女も、メールレディになってからは月額で20万円くらいはコンスタントに稼ぐ事が出来るようになっているみたいです。
ライブチャットでは月額で5万円もいかなかったことを考えると、随分と稼がせてもらっていると喜んでいます。